中古マンションを購入するときに支払った仲介手数料は90万円!

不動産
スポンサーリンク

中古マンションを購入したとき仲介手数料 90万円

仲介手数料とは、中古マンションを購入するときに不動産業者に支払う手数料です。

マンションを購入するときには、不動産業者に物件を探してもらって内見して、売買契約まで買主との間を仲介してもらいます。
購入までの間に色々とお手数をかけているのでその報酬として不動産業者に支払うお金が仲介手数料です。

相場はいくらなのか?支払うタイミングはいつのか?など
仲介手数料を不動産業者に実際に支払ったケースでご説明します。

さらに、あなたが中古マンションを購入するときに知っておいてほしい仲介手数料のことも解説します。

仲介手数料の相場

不動産業者に支払う仲介手数料は、金額(計算式)が決まっています。

売買価格の3%+6万円+消費税10%

仲介手数料は、宅地建物取引業法で定められていて仲介手数料の上限がこの計算式になります。(実際はちょっと複雑な計算になります)

売買価格が1000万で39万6,000円、2000万で76万6,000円、3000万で105万6,000円が上限価格です。

仲介手数料は、物件価格から簡単に計算できるのでいくら必要になるのか認識しておきましょう。

実際の仲介手数料は自分の場合、片手仲介でこちらの不動産屋さんは、言わずとも仲介手数料の端数カットしてくれました。もう一方の売主の不動産業者(三井リハウス)は上限価格をキッチリ請求していました。

仲介手数料の額は、三井のリハウスなど大手の場合はテレビCMや広告で宣伝費を使っているために上限MAXで請求される感じです。
それなので仲介してもらっているときは遠慮なくお手間をかけましょう。

反対に街の不動産屋さんは、言わずとも端数カットしてくれたり割とフレキシブルな対応でした。
お手数をかけずにすんなりと購入が決まったときなどはやんわりと価格交渉するものいいかもしれません。

支払いのタイミング

仲介手数料は、基本的にローンでなく現金一括で支払います。
中古マンションの購入費用として想定していないと、急な出費は響きます。

仲介手数料で知っておくこと(不動産業者とのトラブルを防止する)

仲介手数料は、無事に売買契約が完了したときの不動産業者の成功報酬です。
支払う仲介手数料は安くない費用ですが不動産業者への正当な報酬ですので過度な値引き交渉は控えましょう。

スムーズに売買契約が完了すればよいですが、売買契約が反故になったときに仲介手数料の支払いで不動産業者とトラブルになることを知っておきましょう。

ローン特約

売買契約を行う仲介手数料を半額支払ったあとでにローン審査に落ちてしまった。
支払った額は返還されるか?

手付解除(買主)

売買契約を行ったあとでやっぱり買うのをやめた場合。
売主への手付金は返還されないけど仲介手数料は返還されるか?

手付解除(売主)

売買契約を行ったあとで、買主が売るのをやめた場合。
手付金は倍返しでもらえるけど不動産業者へ仲介手数料は払わないといけないの?

どれも売買契約の成立後に状況が変わってしまったケースです。
1と2の場合は、「あなたの都合なので半分払って」と言われると、なんだか支払う義務を感じますが払わなくて結構!
3の場合では理不尽でしかありません。

基本的には、売買契約が成功していないから成功報酬(=仲介手数料)を支払う義務はありませんがどれもケースバイケース。
買主のときは媒介契約書を調印しないことも多く、仲介手数料の支払いについてはっきりとしていないとこのようなケースで揉めるのです。
トラブルになるとさっきまでいい人だった不動産業者が鬼の形相で取り立てるかもしれません。

不動産業者は、これらトラブルのノウハウがありますがこちらはありません。
無慈悲に支払わされたりしないようにもしもに備えて事前に確認しておきましょう。

仲介手数料が不要なケース

安くない仲介手数料がいらないケースもあります。

ひとつは、新築マンション(リノベーション)を購入したとき。
マンションを建てたデベロッパーがそのまま販売するときは、不動産業者の仲介がありません。
よって仲介手数料はかかりません。

もうひとつは個人と個人での販売。
売主と買主が直接、売買契約をするので当然、仲介手数料はかかりません。

媒介にもよりますが個人間は仲介手数料が不要になることを悪用するケースとして
不動産業者でいい物件をみつけて何度か内見をしているうちに売主と意気投合。
直接、売買契約したらお互い仲介手数料が不要でWinWinですよね!?

このような手のひら返し的行為は、不動産業者に訴えられて仲介手数料の支払いを命じられることが多そうです。

まとめ

中古マンションを購入するときは、不動産屋さんに遠慮しないでこちらの要望を伝え、いい物件を仲介してもらいましょう。
頑張ってもらって売買契約が成立したら気風よく手数料を払うのが互いにいい気分になれます。

トラブルにならないように事前にキチンと説明は大切です。
「だいじょぶっすよ!」的なあやしい担当者なら一考してください。