夫婦の貯金をまとめると贈与税がかかる!? 土壇場で焦らないように基礎控除額を活用する

お金・税金
スポンサーリンク

夫婦でも贈与税がかかる!?計画的に基礎控除額を活用

中古マンションを購入するときに気にしたいことのひとつが贈与税。
夫婦ふたりで貯蓄したお金をあわせて頭金を準備しようとしたところで贈与税の問題が発生!

妻の貯金を旦那の口座に振り込むと贈与税の対象になっちゃう。

例えば、
500万(夫)+ 500万円(妻)と貯金できたので妻の500万円を夫の口座にまとめた場合。
妻から旦那への贈与と見なされて53万円も贈与税がかかる。結構、高い…

内訳 53万円 = 390万円(500万円 – 110万円) × 20%(税率) – 25万円(控除額)
(※贈与額によって税率、控除額が決まります。)
国税庁 贈与税の計算と税率(暦年課税)

黙ってるとバレるの?

不動産の動きがあったときに親族の銀行履歴を調査されると即バレ。
税務署は「過去10年間の銀行口座の履歴を調査する権限」を持っているのでいつかはバレるかもと思っておいた方がいい。

スポンサーリンク

贈与税がかからないようにするには?

それでは、贈与税がかからないようにするにはどうすればいい?
贈与税がかからない基礎控除額は年間110万円。つまり1年で110万円までなら妻→旦那にあげても問題ありません。

マンションの購入資金は、コマメに早めに口座にまとめて良くのが得策。

生活費は、贈与にあたらないのでそろそろマイホームかな?となったら、旦那のお小遣いをアップしてあまりを貯金するのもいいかも!?

マンションが贈与税の対象になる!?

逆のケースとして、「マンションの名義は夫婦共同、ローンの支払いは旦那」のようなケースもマンション(財産)を妻に贈与したことと見なされて贈与税の対象にあたります。

マンションを購入するときに、お金の受け渡しがあると贈与税がかかって、しかも複雑。
税が控除される住宅取得資金贈与の特例配偶者控除などの特例もあるから調べてみて。