トイレリフォームの手順書 LIXILショールームで下見編 1/2

トイレ
スポンサーリンク

LIXILのショールームに行ってきた

LIXILのショールームも予約なしで伺いました。
ショールームに入ると受付スタッフがお出迎え。予約なしを伝えると館内マップをもらってショールームを自由に見れます。

展示をみていても、積極的に話しかけてはきませんがスタッフが館内を回っているので質問はしやすいです。リフォーム相談コーナーもあって常時スタッフがいるのでフリーでもその場でも相談できそうです。

相談コーナーは、パーテーションで区切られたスペースになっていて見学者にも相談者にも配慮された雰囲気です。

トイレの展示

展示は、バスルームやトイレ、外装など各コーナーでまとまっているので見やすかったです。
肝心のトイレコーナーは、サティス、リフォレ、プレアス、アメージュとフルラインアップが揃っていて見たり、座ったりと自由に比較できました。

お目当ての「プレアスHS」
今のトイレスペースでのリフォームに最適な手洗い付。
水を出してみるとシャワータイプの水栓で洗いやすい。さらに、まったくのフチなしで掃除しやすそうなのも気にいりました。第一候補です!

LIXILショールームの感じ

ショールームは、全体的に落ち着いたトーンの雰囲気でした。
そのため展示商品がよりよく見えそうです。「ショールームとイメージが違う!!」ということがありそうです。

トイレのカタログは常設してあって自由に持ち帰れました。なかでもためになったは、「はじめてのトイレえらび

自分のリフォームにあったトイレを選べるガイドでインターネットからもダウンロードできます。まずは、このカタログを見てから気になったシリーズのカタログを見るといいと思います。

LIXILショールームで、実際に見て触って体験できたことで成果ある見学でした。

LIXILのショールームの独自採点

  • コーヒーメーカー:あり
  • BGM:なし
  • お声掛け:なし
  • 週末:そこそこ混雑
  • 印象:80点
  • 雰囲気:80点
  • カタログ:持ち帰り可