売買契約の手付金は現金100万円が必要!ローン特約についても知っておこう

不動産
スポンサーリンク

売買契約の手付金は現金100万円!

中古マンションの購入も売買契約になると終盤戦、この辺からお金が絡んでくるのでトラぶりやすいです。知識の底上げに知っておきたい「手付金」の重要なポイントのハウツーです。

手付金とは、売買契約を結んだときに売主に物件購入の手付として預けるお金のことです。どんなお金でどのタイミングでいくら必要になったかの体験談です。

手付金はいくらだった?

手付金は100万円ぴったり。
この金額は、売買契約の前に不動産屋さんが「手付金は、いくらにしましょう」と決めてくれました。片手仲介だったので予め売主側の不動産業者と話をつけてくれたのだと思います。

一般的には、売買代金の10%といわれているけど中古物件だと100万円が多いっぽいです。(不動産業者の経験則)

この手付金100万円は現金で必要でした。まだ住宅ローンを借りる前なので自前で用意する必要があります。売買契約のときに売主の不動産業者にに支払いました。

手付金を払う前の重要ポイント

そのマンションを購入でいいよね?意思が固まってるよね?手付金を払う前に購入の意思が固まってることを確認しましょう。あなただけじゃなくて家族みんないいよね? 売買契約をした後に、やっぱり気が変わって契約を解除した場合には預けた手付金は返ってきません。

100万円を売主にあげることになります。

売買契約のときに、三井不動産(売主側の不動産業者)がさらっと説明したけど重要なところ。不動産購入にクーリングオフはありません。

手付金については、自分の不動産屋さんによく説明してもらって納得しておきましょう。

手付金が返ってくる!? ローン特約について

売買契約のときに「ローン特約」という聞き慣れない条項が付けるはずです。
ローン特約とは、あなたが銀行のローン審査に落ちてしまい、銀行から融資を受けれなかったときのための買主を保護してくれます。「契約したのに買えないだと?賠償金を払え!」とならないように契約を無条件で白紙にできます。

万事、安心な感じがしますがトラブルになることが多い要注意なポイントです。ローン審査がすんなり通れば問題ありませんが万が一、ローン審査が想定外の結果になったときにせっかく貯めているマイホーム資金が金銭的なダメージ(手付放棄)を受けないことが大切です。

ローン特約が適用されるとき、されないときをトラブル事例から危険予知をします。

ローン特約で考えられるトラブル

ローン特約の条項があっても油断できません。
思わぬ落とし穴で手付破棄にならないように注意しましょう。

1.住宅ローンの審査結果が満額でなかった。

銀行へ3,000万円で融資を依頼したけど 2,500万円となった場合、買主(あなた)が不足の 500万円を準備できなかったとき契約を破棄したくても売買契約解除の条件に金額が明記されていないと無条件解約できない可能性があります。銀行の審査落ちではないのローン特約が適用されないケースもあります。

本審査ではパーソナルな審査に加えてもつっこんだ審査がされるようです。勤め先が不安定だったり、健康状態に問題があったりすると減額されるときを想定しておきましょう。

どうしても購入したい物件で足りない融資額をなんとかできるならローン特約にしないという選択もありです。

2.メインバンク以外からの住宅ローン

住宅ローンを借りようとしていた銀行で審査落ちしても他の銀行で借りれることもあります。
このとき金利が高かったり、優遇がなかったりしても借りれるのであればローン特約の対象にならないケースが考えられます。

みずほ銀行から満額融資を受けれなかったらローン特約発動で!

と、金融機関と金額をはっきりと明示しておくことがトラブル防止になります。

3.ローン審査中の環境変化

新しいマンションで心機一転しようと、ローン審査中に車を購入してマイカーローンを組んだり、転職したりすると事前審査とは状況がかわるので審査落ちになる可能性があります。このようなときは、自己都合と見なされてローン特約の範囲外となり手付破棄になる可能性があります。

ローン審査中はお金の動きが無いようにしましょう。

手付金を支払う時の重要ポイント

「手付金は代金の一部」を絶対確認!
手付金とは売買契約をするときに支払うお金であくまでも手付で売買代金とは違います。ですが、慣例として、売買契約書に「代金の一部にする」と記載されているはずです。

2,000万円の物件で手付100万円を支払って契約書に「代金の一部にする」と記載してあれば
残りの代金は1,900万円の支払いになります。「代金の一部にする」と記載されていることを必ず確認してください。必ずです。もし、記載されていないときは手付金を返金してもらいます。

マイホーム購入のときのお金は心配し過ぎくらい慎重にしたいです。

手付解除期間は一か月

手付解除期間とは、手付放棄すれば無条件で契約を解除できる期間。事情が変わってやっぱり買うのをやめたいときは、売主に渡した手付金を破棄(手付破棄)して契約をなかったことにできます。

もちろん、買う気満々なので手付解除することはないと思いますが念のため期間を確認しましょう。この期間を過ぎた場合は、賠償の対象になってきます。

申込金について

不動産屋さん曰く、物件の申し込むとき不動産業者によっては「申込金を支払ってください。」と言われることがあるそうです。(自分は言われませんでした)
申込金とは、冷かしじゃない証明みたいなものですが支払う時には注意しておくことがあります。

●申込金(申し込み証拠金)は返してもらえることを確認
申込金は、あくまでも預け金です。

  • 申し込みをやめたときに返金されること。
  • 契約するときには、手付代金の一部になること
  • 領収書をもらうこと

を確実にしておきましょう。

不動産業者によっては、申し込みにかかる手数料とか、キャンセル代、優先的に物件を申し込める費用など理由をつけて返金を拒否るところもあるので申込金を支払う前に不動産業者に確認しておきましょう。