確定申告、医療費控除とセルフメディケーションは申請はどっちがお得になるか計算する

お金と税金の情報 お金・税金
スポンサーリンク

確定申告をすると所得控除されてお金が戻ってくる医療費控除とセルフメディケーション。どちらがお得なのがしっかり計算してから確定申告しましょう。

確定申告の前に医療費控除とセルフメディケーションを比較

「セルフメディケーション税制」とは、特定の医薬品購入に対する新しい税制で健康診断などを受けている人が、一部の市販薬を購入した際に所得控除を受けられるようになるものです。

通院や薬の購入が多いひとは、確定申告で「医療費控除」と「セルフメディケーション」どちらで申告した方がお得になるか計算してから確定申告しましょう。

どっちふが得かホームページで簡単に計算

計算に必要な額

・課税所得額(給与振込の合計)
・医療費の合計額(医療にかかった全ての額
・セルフメディケーションの合計額(購入したお薬のレシート)

必要な額を調べたら以下のサイトで簡単に計算できます。
知ってトクする セルフメディケーション税制

簡単な比較としてはそれぞれの合計額から決まった額を引いた金額が多い方がお得になります。医療費の場合は10万円、セルフメディケーションは1万2千円です。

医療費の合計額 – 10万円
医療費とは、診療費の他に薬代、交通費も医療費に含まれます。

セルフメディケーションの合計額 – 1万2千円
スイッチOTC医薬品を購入した額です。

セルフメディケーション対象の市販薬とは?

セルフメディケーションで気をつけたいのが薬局で販売されているすべてのお薬のすべてが対象ではないということです。セルフメディケーションの対象となる薬は特定の成分を含むOTC医薬品に限りますので購入するときには、外箱のマークを確認しましょう。

レシートには★など目印がついています。

まとめ

・医療費は、診療費だけじゃなくて薬代・交通費も診療費です。
・ガソリン代、駐車場代は交通費の対象外
・医療費は世帯全員の合算を世帯主の確定申告で提出
・薬局で購入した薬も医療費。(セルフメディケーション対象品じゃなくても)
・セルフメディケーション対象品は購入する前にパッケージを確認。レシートも捨てないで!