中古マンションのトイレリフォームをリクシルに決めた理由

トイレ
スポンサーリンク

トイレリフォームをリクシルに決めた理由

トイレメーカーというとTOTOを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。トイレ市場のシェア№1の住宅設備機器メーカーです。LIXIL(リクシル)は、それに次ぐシェア№2のメーカーです。

TOTOとLIXILのトイレ機能をくらべると細かい仕様は違いますがほぼ互角で同じような機能を搭載しています。

グーグルで検索したり、ショールームで実物をみたりして最終的に決めたのはリクシル!
なぜリクシルに決めた理由を書いていきます。

リクシルに決めた理由1 「キレイ便座」

リクシルのキレイ便座は、継ぎ目がありません。
便座を見てみてください。継ぎ目のようなものがありませんか? この継目は、便座を温めるための熱線を入れるときに上と下の部品をくっ付けたときのできるものです。

わずかな継ぎ目でも使っていくにつれて汚れが入り込み黒くなってきて汚れなのかカビなのか気持ち悪くなってきます。

キレイ便座は、リクシルのだけの高精度な圧着技術で継ぎ目が一切ありません。つまり、ゴミが詰まることも無くていつまでもキレイ。掃除も拭くだけでキレイ便座の名前に偽りなしです。

リクシルに決めた理由2 「お掃除リフトアップ」

便座と便器の隙間。汚れが溜まりやすいところなので掃除するときはしっかり磨きたい。

リクシルは、便座が全体がリフトアップして便器との隙間もラクラク掃除ができる「お掃除リフトアップ」で奥まで拭き掃除ができるスペースができます。

TOTOにも「お掃除リフト」という同様の機能がありますが前面側だけ持ち上がるにというやや中途半端な機能です。TOTOのお掃除リフトは、奥の方が狭くなるため掃除しにくいです。ショールームで見比べると一目瞭然でした。

リクシルの便座は、ボタンを押しながら持ち上げるとズコッ!っと丸ごとリフトアップします。しっかりと拭き掃除できるくらいのスペースがありました。

電動でリフトアップするシリーズ(サティス)もありますが手動でも楽々リフトアップ!掃除がしやすそうです。

リクシルに決めた理由3 「リフォレ」

トイレ空間の悩みのひとつだったのが床上横排水。
壁につながっている排管があると掃除もしにくいし見た目も悪いです。

トイレをリフォームしても見た目は仕方ないと思っていたのですがリクシルのリフォレがこの悩みを解決!タンク部分がまるごとキャビネットに収納されて、見た目が悪い排管部分も隠せちゃってスタイリッシュな空間に。キャビネットにお掃除道具もすっきりと収納、キャビネット部の手洗いもスムーズに洗えそうです。

リクシルに決めた理由4 「ショールームの応対」

ショールームに見学に行ったときの雰囲気や応対はLIXILが抜群によかったです。

ショールームはいつも人気で直前では予約が取れずいつもフリーで見ていました。
TOTOのショールームは、予約なしだと完全放置で声をかけれそうな余裕のあるスタッフは皆無。

反対にリクシルのアテンダントさんは距離感が絶妙に良かったです。
自由に見ているときは、そっとしておいてくれるし、説明が欲しいときは、詳しく教えてくれる。
そのときがたまたまよかった…ということもあるかもだけど、何度か行っていつもアテンダントさんの応対はよかったです。